to HOME
to HOME
更新情報
伊賀産大豆が2019年度産になりました





Top > 用語解説 > HACCP
HACCP

HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point-日本語読みは決まっていないがハサップまたはハセップと呼ばれることが多い)は 食品を製造する際に工程上の危害を起こす要因 (ハザード;Hazard) を分析しそれを最も効率よく管理できる部分(CCP; 必須管理点)を連続監視し安全を確保する管理手法である。
日本では主に危害分析重要管理点と訳されているが、海外の事情に詳しい専門家は「危害要因分析(に基づく)必須管理点」と訳している(近年日本では危害分析からハザード分析と云う呼び方に変更されつつある)。
ウィキペディア(PC)より抜粋

リンクの(PC)はパソコン用のリンクです

このページの先頭へ
商品検索
商品名・バーコードの一部で検索できます

このページの先頭へ

Copy right 2006 Tsuneoka Foods Corporation. All Rights Riserved.