to HOME
to HOME
更新情報
伊賀産大豆が2019年度産になりました





Top > 用語解説 > グルコノデルタラクトン
グルコノデルタラクトン

グルコノデルタラクトンを水に溶かすとグルコン酸になります。
グルコン酸は、ぶどう糖を酸化させてできた酸で、糖酸の一種です。グルコン酸の特徴は ビフィズス菌を増やす作用がある唯一の有機酸であることです。
牛乳にレモン等の酸を入れると固まりますが、それと同様に、豆乳にグルコノラクトンを入れるとそれが徐々にグルコン酸という酸に変化することによって凝固します。


リンクの(PC)はパソコン用のリンクです

このページの先頭へ
商品検索
商品名・バーコードの一部で検索できます

このページの先頭へ

Copy right 2006 Tsuneoka Foods Corporation. All Rights Riserved.